賃貸管理のリスク|神奈川県の購入・賃貸管理に関する情報の紹介

TOP  >  アパート経営の成功の握る“賃貸管理会社”  >  賃貸管理のリスク

アパート経営の成功の握る“賃貸管理会社”|賃貸管理のリスク

賃貸管理に関するリスク

賃貸管理に関するリスク収益物件を購入して賃貸管理をする際に、必ず起こる問題が何点か挙げられます。入居者がいれば様々なクレームに対応しなければならず、時には家賃の滞納者が出ることも…。
また、地震や火災などの災害による被害も賃貸管理に関わる大きなリスクだと言えるでしょう。ここでは、賃貸管理に関するリスクをご紹介します。

空室

入居者が多ければ問題はありませんが、あまりに空室が続けばローンの返済にも影響してしまいます。返済ができなくなれば、最終的には競売にかけられて土地とアパートを失うことに…。そのような事態を回避するためにも、物件選びは慎重に行う必要があります。また、購入後であれば賃貸管理会社と相談をしながら改善策を練るべきでしょう。

家賃滞納者

例え満室だったとしても、家賃滞納者がいた場合はその分の収入は入りません。その際は本人はもちろん保証人へも催告を行い、場合によっては訴訟やその後の手続きなどが必要になります。

建物・設備の老朽化

建物の老朽化が進んで不便さを感じるようになると、入居者は別の新しいアパートに流れていってしまいます。その場合は家賃を下げるなどの対策を採らなければ、新しい入居者を確保することもできません。高価な設備であればあるほど、修繕にも高額の費用がかかってしまいます。

土地の価格の値下がり

東京の一等地などは別として、一般的な土地の価格は横ばいか下落しているのが現状です。購入した収益物件を売却して利益を得るのは難しく、売却損になることがほとんどです。

地震・火災・台風などの被害

地震を始めとした災害も大きなリスクとして考えられます。火災保険に関しては銀行のローンを組む際に必ずかけることになりますが、地震保険に関しては、個々に加入検討する必要があります。災害によるリスクを軽減するためには、崖や川のほとりといった地盤のゆるい場所を避けるなど、土地に関する選択を慎重に行う必要があります。

換金性

すぐに現金が必要になって不動産を売却する場合、価格を下げなければすぐには売れません。換金にかかる時間や価格の下落などを考慮すると、株式などの金融資産に比べて換金性は低いと言えます。

その他

放火、事故、隕石落下 etc…。

上記のようなリスクを回避するためには、如何に優良な賃貸管理会社を選ぶかが重要になります。では、その条件とはどんなものなのでしょうか?

▲PAGE TOP