アパート経営の成功の握る“賃貸管理会社”|神奈川県の購入・賃貸管理に関する情報の紹介

TOP  >  アパート経営の成功の握る“賃貸管理会社”

アパート経営の成功の握る“賃貸管理会社”

賃貸管理会社の仕事とは…?

賃貸管理会社の仕事とは…?個人でアパート経営を成功させるためには、十分な知識や経験が必要になってくるものです。管理を個人で行うとなると仕事が非常に多くなってしまって手が回らなくなることも…。
アパート経営の際には、賃貸管理のプロである賃貸管理業者に依頼することが効率的かつ確実だと言えるでしょう。ここでは、賃貸管理会社の仕事内容、費用などについてご紹介します。

管理会社の仕事内容
家賃管理
入居者から管理会社の口座に家賃が振り込まれ、管理費を差し引いた分が物件所有者の口座に振り込まれるという例が一般的です。また、リフォームのように修繕費用が必要な場合も、その口座から差し引かれます。
家賃滞納者への対応
家賃滞納者に対しては管理会社が催促し、保証人にも連絡します。管理会社によっては滞納時の家賃補償を行っており、その場合は滞納者が出ても家賃は確実に物件所有者に支払われます。
入居募集・契約更新
退室者があった場合、管理会社は広告を作って募集をかけます。家賃に関しては相場などを基に管理会社と物件所有者とで決めます。入居希望者がいた場合は、管理会社から物件所有者へ連絡が入ります。その他、契約書の作成や入居者の審査、契約更新に関しても管理会社が行います。
クレーム処理
入居者からのクレームは管理会社が対応し、その後物件所有者に報告されます。水漏れなどのクレームだった場合、それを解決するために必要な費用の見積もりも管理会社が出します。
収支報告
管理会社から物件所有者へ、収支報告書が毎月届けられます。
リフォーム
退室者が出た際はリフォームを行いますが、その際には管理会社からリフォーム会社に空き部屋を確認させて物件所有者にリフォーム費用の見積もりを送ります。リフォーム箇所に関しては管理会社と物件所有者とで相談して決めます。
修繕
修繕や庭木の伐採などが必要な場合は、管理会社から専門業者へ修繕・伐採の手配を行います。
その他
定期チェック、巡回清掃、電球などの取り替え、受水槽清掃、室内点検 etc…

上記の仕事内容を見ればわかるように、これらの賃貸管理を個人で行うのは困難であり、滞納者やクレームの発生といったリスクが伴います。賃貸管理をする際のリスクを把握し、賃貸管理会社への依頼が必要かどうか判断しましょう。

▲PAGE TOP