よくあるご質問|神奈川県の購入・賃貸管理に関する情報の紹介

TOP  >  収益物件購入から賃貸管理までの流れ  >  よくあるご質問

収益物件購入から賃貸管理までの流れ|よくあるご質問

収益物件に関するQ&A

Q
1.収益物件は、どのような方が購入しているのでしょうか?
A
1.サラリーマン、OL、公務員など様々な方が収益物件を購入しています。購入する年齢層も、30代から定年後の方までと非常に幅広く、購入の動機も私的年金やインフレ対策、相続税対策など人それぞれです。
Q
2.不動産屋に物件を案内してもらう場合、案内してもらった分だけ費用もかかるのでしょうか?
A
2.不動産手数料は成功報酬型となっており、どれだけ案内されても希望物件が見つからなければ費用は一切かかりません。
Q
3.自己資金がゼロの状態でも収益物件を購入できるのでしょうか?
A
3.金融機関からの融資を受けることによって、ゼロからの購入も可能ではあります。ただ融資を受けられるかどうかは、審査の際の諸条件(年収など)によって異なります。一般的には100万~200万円程度の自己資金は必要であると考えておきましょう。
Q
4.収益物件を購入する際の資金繰りは、どのようにしたら良いのでしょうか?
A
4.まず準備しておくべきなのは、自己資金として支払う手付け金の相当額です。目安としては、物件購入額の10%以上となります。年収の高い方であれば全額融資を受けることも可能ですが、後々のことを考えるなら借入金はなるべく抑えるべきでしょう。
Q
5.将来、年金がきちんと貰えるのか不安なのですが、アパート経営はその対策として有効なのでしょうか?
A
5.収益物件としてアパートをローンで購入した場合、その返済の大半は家賃収入で賄っていくことになります。そのため毎月の返済は比較的僅かで済む上に、控除によってお金が戻ってくることも多くなっています。ローン完済後は家賃収入がそのまま私的年金となります。今後の高齢社会に対応していくために有効な手段であると言えるでしょう。
Q
6.重要事項説明書と契約書を書く際に、注意すべきことはありますか?
A
6.重要事項説明書や契約書には、普段は目にしないような専門用語が並んでおり、非常に難解です。素人の場合、契約の場でその内容を全て理解するのは難しいため、内容がよくわからないまま署名、押印してしまうこともあります。そうしたことを回避するためにも、契約の前に必要書類を不動産会社からもらい、専門的な知識のある方からアドバイスをもらいましょう。
Q
7.購入した物件を売りたくなった時は、自由に売却できるのでしょうか?
A
7.所有している物件の売却に関しては特に制約もなく、自由に売却することができます。
Q
8.収益物件に関してよくあるトラブルはどんなことですか?
A
8.特に多いトラブルとしては、雨漏り、地盤沈下などが挙げられます。次にシロアリの被害、住宅設備機器の故障と続きます。ただ、近年では近隣住人による被害や土壌汚染、アスベスト被害などもトラブルとして浮上してきました。

▲PAGE TOP