収益物件購入から賃貸管理までの流れ|神奈川県の購入・賃貸管理に関する情報の紹介

TOP  >  収益物件購入から賃貸管理までの流れ

収益物件購入から賃貸管理までの流れ

収益物件購入から賃貸管理まで

収益物件を購入するまでの流れと、その物件の管理の流れをご紹介します。収益物件による収入を考えている方はぜひご参考にして下さい。

収益物件購入の流れ

条件決定

どの地域のどのような物件を購入するかを決めます。最初は物件をすぐに見に行ける近場を選び、知識を得ることから始めましょう。

資料探し

近所の不動産屋やインターネットなどを利用し、条件に合う物件の資料を集めます。

資料確認

手に入れた資料をチェックし、利回り・収益性などを算出します。

物件見学

実際にその物件を見に行きます。気になる物件が見つかれば、積極的に不動産屋に物件見学の依頼をするべきです。できるだけ多くの物件を見学しましょう。

ローン審査

気に入った物件が見つかれば、まずは簡単なローンの審査を受けます。この時点では、目的の物件を購入する際にどれほどの融資を受けられるかを調べます。

申し込み

希望通りの融資を受けられるのであれば、物件購入の申し込みを行います。交渉となるため、広告の価格より低めに申し込むことをお勧めします。

契約

売主との交渉が成立すれば、契約となります。この際に不動産屋から重要事項や契約の説明があり、契約手付金(売買価格の20%以内)を支払います。

ローン申し込み

ローンの申し込みを行います。またこの時に、不動産屋が司法書士などに不動産登記の手配をしてくれます。

ローン契約

保証人とともにローンに関する説明を聞き、契約書類に記入、捺印します。

アパート引渡し・決済

口座に振り込まれたローンから、物件購入代金を売主に支払います。また、仲介手数料の決済や不動産登記料の支払い、火災保険への加入を行います。

▲PAGE TOP

賃貸管理の流れ

上記の流れで物件の購入が完了すれば、あなたはその物件の所有者です。ここから所有する物件の管理を行っていきます。

不動産取得申告書の提出

支庁または道税事務所に不動産取得申告書を提出します(不動産を取得した日から30日以内)。

個人事業届の提出

確定申告で青色申告をする場合は、管轄の税務署にて個人事業届を提出する必要があります。白色申告の場合は事業届は不要です。

管理会社からの収支報告

管理会社から、収支報告が毎月届きます。また、金融機関の口座に毎月アパート収入の入金があり、そこからローンの分も引き落とされます。

不動産取得税の徴収

収益物件の購入から数ヵ月後に不動産取得税の徴収があります。

固定資産税の徴収

固定資産税を毎年支払います。

確定申告

毎年3月に確定申告を行います。

▲PAGE TOP