物件購入時の諸費用と運営費|神奈川県の購入・賃貸管理に関する情報の紹介

TOP  >  収益物件・アパート経営を理解しよう  >  物件購入時の諸費用と運営費

収益物件・アパート経営を理解しよう|物件購入時の諸費用と運営費

物件購入時の諸費用にはどんなものがあるの?

物件購入時の諸費用にはどんなものがあるの?アパートなどの収益物件を購入する際には、当然ながらまとまった資金が必要になりますが、アパート経営の魅力にも挙げた通り、比較的少ない費用でも物件購入は可能です。
物件によって購入時の諸費用は異なりますが、一般的には物件価格の7~10%程度になります。
ここでは、物件購入時に必要な費用をご紹介します。

仲介手数料

仲介手数料の金額には規定があります。下記の手数料の規定を基に、事前にどれだけの料金がかかるのか把握しておきましょう。

  • 200万円以下の物件…売買価格の5%
  • 200万~400万円の物件…売買価格の4%+2万円
  • 400万円以上の物件…売買価格の3%+6万円
契約印紙代

不動産売買契約やローン契約などの契約書を作成するときに、取引金額に応じて課税されます。
契約書1通ごとに印紙を貼り付け、消印することによって納税となります。

登録免許税

所有権を登記する際に必要になる国税です。
手続きは個人ではなく、司法書士に代行してもらうのが一般的です。

ローン関係費

ローンに関係する費用には「団体信用生命保険料」と「事務手数料」の2つが挙げられます。

団体信用生命保険料
債務者に万一のことがあった時のために入る保険です。
ローン返済に含まれる場合と、別途支払う場合とがあります。
ローン手数料
金融機関によっては、3~5万円の事務手数料がかかります。
火災保険料

不動産への火災保険にかかる費用で、ローン契約の際には必ずかけることになります。

不動産取得税

不動産を取得することによって課税される都道府県税です。 課税標準は固定資産税評価額となっており、標準税率は3%です。

消費税

土地に関しては消費税がかかりませんが、建物にはかかるため注意が必要です。

▲PAGE TOP

物件購入後の運営費用

アパート経営に必要になるローンを除いて、諸経費は年間家賃収入の10~15%が目安となります。
ここでは、物件購入後に必要になる運営費用をご紹介します。

固定資産税

土地や建物の固定資産の所有者として登記された人に課税される市区町村税です。

修繕費

退居後のリフォームや、故障箇所の修理などに充てるための費用です。

管理委託費

アパートの賃貸管理会社に支払う費用で、家賃月収の3~5%程度が目安となります。
もちろん、自分で管理すればこの費用は必要ありません。

所得税

家賃収入が経費を差し引いてプラスになった場合に課税されます。

電気代

建物に外灯などがあれば、その維持費としてかかる費用です。

その他

庭木の剪定や水道管の洗浄といった、物件の維持管理に必要な費用です。

▲PAGE TOP