アパート経営の魅力|神奈川県の購入・賃貸管理に関する情報の紹介

TOP  >  収益物件・アパート経営を理解しよう  >  アパート経営の魅力

収益物件・アパート経営を理解しよう|アパート経営の魅力

大きな魅力を持ったアパート経営

大きな魅力を持ったアパート経営アパート経営をする際には、これから購入する収益物件を担保にしてローンが組まれます。
一般的に自己資金額は購入物件の3割程度とされ、少ない資金でも始めることができる上、うまくいけば大きな「資産形成」につなげることができるのです。
土地がない方でも始めることができるのも大きな魅力なのではないでしょうか。
また、収益性の高い物件の場合はフルローンも可能になり、自己資金がゼロでも購入可能なことさえあるのです。
ここでは、大きな魅力を持ったアパート経営についてご紹介します。

アパート経営のメリット

アパート経営をすることによって、以下のような様々なメリットを得ることができます。

ローン返済は家賃収入から

入居者を得ることができれば、ローン返済は家賃収入から行われます。
そのローンが終了すれば、晴れて土地と建物はあなたのものになり、家賃収入がそのまま利益となります。
数百万の投資によって、数千万・数億の不動産を手に入れることもできるのです。

生命保険になる

銀行のローンを利用してアパートを購入する際、その銀行の指定する「団体信用生命保険」に加入することになります。
そうすることで、万一のことがあった場合でも生命保険によってローンが支払われるのです。
もちろん保証人や家族にローンが残ることもなく、アパートは残された家族のものとなります。

年金になる

アパート経営をすることで、毎月安定した収入がもたらされます。
つまり、アパート経営は「私的年金」としても機能するのです。
管理に関しても管理会社に任せてしまえば、所有者としてすべきことはほとんどありません。

土地を持っている必要がない

アパート経営の際には、土地と建物を併せてローンを組んで購入することになります。
そのため、最初から土地を持っている必要はありません。
また、ローンは家賃収入から返済していくため、急激な出費にはなりません。

固定資産税の節税になる

アパート経営をすることで、固定資産税が非住宅用地の6分の1になります。
つまり、土地を持っている方であれば、放置したり駐車場にしたりするよりもアパートを建てた方が固定資産税を軽減できるのです。

所得税の節税になる

サラリーマンがアパート経営をしている場合、その収支がマイナスの場合は給与所得から控除を受けることが可能です。

▲PAGE TOP