収益物件購入のための資金調達|神奈川県の購入・賃貸管理に関する情報の紹介

TOP  >  収益物件・アパート経営を理解しよう  >  収益物件購入のための資金調達

収益物件・アパート経営を理解しよう|収益物件購入のための資金調達

収益物件購入のための資金調達法

収益物件購入のための資金調達法収益物件購入のためには、当然ながらまとまった資金が必要になります。
ただし、物件購入価格の全額を用意するのではなく、ローンを使用できることがほとんどです。その際の自己資金の目安としては、物件購入価格の30%前後が一般的とされています。つまり物件購入価格の70%程度の融資を受けることが可能なのです。ただし、物件の資産価値や融資を受ける金融機関によっても基準は異なります。ここでは、物件購入のための資金調達法をご紹介します。

銀行からの融資

土地の資産価値が高ければ、積極的に融資してくれる銀行もあります。複数の銀行にローン申請をしてみて、もっとも条件が良いところを選びましょう。
例えば「収益還元法」を取り入れている銀行であれば、収益性の高い物件に対しては積極的に融資を行っています。場合によっては、フルローンでの融資や自己資金ゼロでの購入も可能です。

フルローン

「フルローン」とは、税金や登記料のような購入に必要な費用の全額をローンで支払うことです。
ただし、“フル”ローンとは言っても諸経費までは融資してもらえません。仲介手数料や不動産取得税などは、自己資金で用意する必要があります。

アパートローン

「アパートローン」とは、住宅以外の不動産投資用のマンションやアパート、賃貸用の店舗などの不動産に対するローンのことです。これからアパートを建設・購入しようとする方のためのローンだと言えます。購入したアパートを居住用として使用する場合は、住宅ローンとして扱ってもらえることもあり、その場合はより多くの融資を受けられる可能性があります。

国民生活金融公庫からの融資

「国民生活金融公庫」は、主に中小企業や教育ローン、開業などに対する融資となっていますが、不動産でも融資を受けることが可能です。公庫の金利は契約時の利率が完済まで適用される「固定金利」であり、基準利率も低水準に設定されています。

どんなに自己資金が少なくとも、最終的には返済することになりますので、如何に利回りの良い物件を見つけるかが重要になります。また、利回りの他に物件の管理が行き届いているかどうかを確認することも必要でしょう。

▲PAGE TOP