収益物件・アパート経営を理解しよう|神奈川県の購入・賃貸管理に関する情報の紹介

TOP  >  収益物件・アパート経営を理解しよう

収益物件・アパート経営を理解しよう

収益物件とは…?

収益物件とは…?アパートやマンション、テナントビルなど、所有している物件を他者に賃貸することによって毎月一定の利益を得られる物件を「収益物件」と言います。
バブル期には、購入した不動産の価格上昇による利益(キャピタルゲイン)を期待する不動産投資が盛んに行われていました。
しかし現在は、購入した投資物件を賃貸することで得られる家賃収入(インカムゲイン)を期待する不動産投資が主流となっています。

バブル崩壊後に不動産価格は一気に下落しましたが、賃貸相場の下落率は比較的小さく、投資額に対する賃貸収入の割合が高くなりました。 収益物件は現在、常に10%前後の利回りが期待できる投資商品として注目されています。

アパートがお勧め

収益物件による経営にも様々な種類がありますが、その中でも特にお勧めできるのが「アパート経営」です。
アパート経営ならば、土地を持っていなくても始められる上、少ない資金で大きな資産を形成することが可能なのです。

ただし、どんなに条件が良い物件であっても管理がずさんでは入居者に選んでもらうことはできません。アパート選びの際には、しっかりとした管理をしてくれる賃貸管理会社を選ぶ必要があります。

収益物件の選び方

収益物件を購入する目的は、利益を得ることが第一になるかと思います。
しかし、場合によっては賃貸用ではなく相続対策として購入する例もあります。
目的によって購入する物件も変わってくるため、まずは収益物件購入の明確な目的と目標を設定しておきましょう。
利益を目的とする場合は、一体どれだけの利益が見込めるのかを見極めることが重要です。

当然ながら、入居者がいなければ収入は発生しません。
入居者を獲得し安定した収入を得るためには事前の情報収集が欠かせないのです。
入居者が見込めるエリアなのか、駅からの距離は遠すぎないか、スーパーや医療機関は近くにあるか…。
まずは不動産業者や役所などで情報を集めつつ、自分の目でも物件を確認しましょう。
自分が入居者だったら、という視点で見ることが大切です。

▲PAGE TOP